中古で手に入れた浅井戸ポンプをDIYで設置する方法

井戸ポンプの選定

DIYで掘った井戸に井戸ポンプを取り付けていくわけですが、まずはその井戸ポンプを手に入れる必要があります。

なるべく安く井戸ポンプを手に入れたかったので、ヤフオクで中古の浅井戸ポンプを探すことにしました。

井戸ポンプを選定するにあたって考慮した5つのことについてまとめて置きます。

【ポイントその1】揚水量

ポンプを選ぶにあたって、どのくらいの水量が必要かということを検討する必要があります。

私の計画では井戸水をお風呂や洗濯、庭の水やりから、エアコンの室外機や太陽光パネルへの散水などにも活用しようとしています。

その中でも一番多い量の水を使うのはお風呂です。

一回あたり150Lを10分ぐらいで溜めたいということから、ポンプに求められる揚水量は15L/min程度ということになりました。

【ポイントその2】圧力スイッチ

もう一つ井戸ポンプに大切な機能は、モーターを自動でON/OFFするための圧力スイッチがあることです。

圧力スイッチがあれば、井戸水の蛇口を開いた時に井戸ポンプが勝手にONになり、蛇口を閉じると自動でOFFになります。

井戸ポンプを選定する時は、このような自動でポンプをON/OFFしてくれる機能がある物を選んだほうがいいでしょう。

例えば、下図のようにモーターの下側(横側)に比較的大きなタンクがある物は、圧力スイッチ式の井戸ポンプです。

給水ホースを井戸ポンプに接続

それに対して、圧力スイッチ式の井戸ポンプよりも値段は高いですが、インバーター式の井戸ポンプというものもあります。

インバーター式の井戸ポンプ

出典)【川本ポンプ】カワエース 浅井戸用自動ポンプ 250W NF2-250SK [NF2-250SK]|ONLINEJP

インバーター式の井戸ポンプは、モーターのON/OFFを自動で制御してくれるだけではなく、DCモーターを使ってるので消費電力が小さく、またモーターの回転数を制御できるので井戸水の吐き出し圧力を高くする事ができ、さらに圧力タンクが小さいため本体が小型なのが特徴です。

もし、予算に余裕がある場合は、このようなインバータータイプの井戸ポンプを検討してみても良いでしょう。

【ポイントその3】押し上げ高さ

次に井戸ポンプの性能で考慮したところは、押し上げ高さです。

太陽光パネルの冷却に井戸水を活用する場合、2階建ての家の屋根の上(約7m)まで井戸水を押上げる能力が必要です。

例えば、家庭用のバスポンプなんかだと4mぐらいが限度なので、たとえ地上に水を溜めていたとしても家庭用のバスポンプでは屋根の上まで水を押上げることができないということになります。

今回の井戸ポンプには、押し上げ高さが最低でも7m以上の製品を探す必要がありますね。

【ポイントその4】吸い上げ高さ

そして、高さに関してもう一つ、吸い上げ高さも確認しておきましょう。

今回DIYで掘ったうち抜き井戸は、鞘管を6m入れていますから、井戸ポンプの配管長はだいたい5.5mぐらいになると想定できますので、吸い上げ高さは5.5m以上のものを選ぶことにしました。

【ポイントその5】定格電圧

井戸ポンプには単相100V(一般的なコンセントタイプ)の他にも単相200Vの製品もあったりします。

私の家の外にある屋外用のコンセントは単相100Vですので、井戸ポンプも単相100Vの製品を選びます。

これは結構見落としてしまいそうな項目なので、ちゃんと確認しておきましょうね。

井戸ポンプ(PG-203A)の発注

早速ヤフオクで、これらの条件を満たした井戸ポンプを探してみました。

そこで見つけたのが、National製の浅井戸ポンプPG-203A(15000円)です。

低価格で手に入れた浅井戸ポンプをDIY設置

出典)ヤフオク

気になるこの井戸ポンプの仕様をチェックしてみると・・・

PG-203A(National)の仕様

先ほどまでに挙げた全ての条件をクリアしていることがわかります。

早速この井戸ポンプを落札して、自宅に届くのを待つことにしました。

この井戸ポンプの取扱説明書をダウンロードできるようにしてありますから、参考にしてください。

>>浅井戸ポンプ(PG-203A)の取扱説明書&工事説明書(PDF)

続いては、具体的な井戸ポンプの設置方法についてお話していきます。

スポンサーリンク

2ページ目(全3ページ中)

スポンサーリンク