【完全保存版】素人1人でも出来るDIY打ち抜き井戸掘りマニュアル

スポンサーリンク
スポンサーリンク

井戸掘りの大まかな流れ

まずはじめに、井戸掘りの大まかな流れについてお話していきます。

井戸水を井戸ポンプなどで汲み上げるためには、地下水が流れているところまで地面を掘っていく井戸掘りという作業を行い、その後井戸に井戸ンプを設置するという流れになります。

DIY施工の費用と日数の目安

①地下水が出るまで井戸を掘る(井戸深さ約6mの場合)

  • 費用;約2万円(井戸掘り道具作成費用含む)
  • 施工日数;5~6日(週末の実稼働日の合計)

②井戸ポンプを設置する(中古品の浅井戸ポンプ場合)

  • 費用;約2万円(中古井戸ポンプ+その他材料費)
  • 施工日数;1日

この記事では特に①の井戸を掘るというステップの解説が中心となっています。

井戸ポンプの選定や井戸ポンプの設置に関することが知りたい場合は、以下の記事が参考になると思います。

>>井戸ポンプの種類と選び方、DIY設置方法まとめ

事前に井戸水が出るかどうか調べておく

井戸はどこにでも設置できるというわけではなく、地下水のある場所に掘らないと水が出てきません。

業者の人に聞いてみるとわかりますが、井戸水が出るかどうかは地域によって大きく異なっていて、実際に数十メートルも井戸を掘り進めても地下水脈にあたらない土地があるのも事実です。

DIYで井戸掘りをする場合、砂礫(小さな石のこと)の大きさが10mm以下であることも重要です。

10~20mm以上の石や砂利がごろごろしているような場所の場合、業者が専門の道具を使っても井戸を掘るのに苦労してしまいますので、そのような場所の場合は井戸掘りを諦めたほうが無難です。

こういった地下水の有無やDIY出来る地質であるかどうかについては、以下の方法で調べていくことができます。

近隣のボーリング調査のデータを調べる

ボーリングとは、地質・鉱床調査などのために、地中に細く深い穴を掘ることで、そのデータを見ることでその地点の地中の様子を知ることが出来ます。

国土交通省の宅地防災データベースで井戸掘りの前にボーリングデータを確認

出典 データベース|国土交通省

例えば、上記のサイトで調べた私の家のすぐそばのボーリングの調査結果を見てみましょう。

家の近くのボーリングデータ

地下水脈があるといわれている地質は「砂礫(されき)」と呼ばれる地質です。

上のボーリングデータから、地中約4~6mのところにその「砂礫」の地層があり、また「含水量も多い」という記載があります。

また、その上の地質も砂が多い感じなので、この条件であれば自作の井戸掘り器でも比較的簡単に井戸を掘ることが出来るだろうという判断となりました。

このように、事前に近隣のボーリングデータを確認する事で、どのくらい井戸を掘れば水が出てくるのか、ある程度予測する事が出来ます。

私が井戸を掘った時は、実際にこのような小さな石が4~6mの深さで掘り出され、約6mの深さまで井戸を掘ったところで、井戸ポンプを使って井戸水を吸い上げています。

井戸の底の小石

もし上のボーリングの調査結果で10m以上掘らないと「砂礫+含水量が多い」という地質にあたらない場合はDIYで掘るか、業者に頼むほうがいいか、よく検討してからはじめたほうがいいでしょう。

とうのも、DIYで井戸を掘る場合は、塩ビパイプで作る簡易的な井戸掘り道具を使いますが、10m以上の深さをその道具で掘り進めるとなると井戸掘り道具の強度が足りなくなりしてきますし、井戸に設置する井戸ポンプもホームセンターなどで安く手に入る浅井戸ポンプでは対応できなくなってくるからです。

>>井戸ポンプの種類と選び方、DIY設置方法まとめ

また、10mm以上の石が沢山あるような地質がある場合、自作の井戸掘り機では石を井戸の底から取り上げる事ができませんので、DIYで井戸掘るのは諦めたほうがいいでしょう。

もちろん、そういった状況でも臨機応変に専用の道具を自作したりして井戸を掘り進めた人もいますが、条件が悪くなるとその分、費用も時間もかかってきてしまいますので、もし地質条件が悪い状況でも井戸を掘ると決めた場合は、そういったことを覚悟してから井戸掘りを始めたほうがいいと思います。


スポンサーリンク

近所の井戸の設置状況を調べる

ボーリングデータ以外の井戸水が出るかどうかを調べる方法としては、近所の井戸の設置状況を調べるという方法もあります。

例えば、下水道管理局に行けば地域の井戸の設置状況を知ることができます。

というのも、井戸水を庭の散水や水遊び以外に、お風呂やトイレ、洗濯機などでも使用する場合、井戸水が下水道も流れていくことになります。

そういった使い方をする場合は、井戸を設置すると同時に下水道局に下水道使用申請を出す必要が出てくるため、下水道局は井戸の設置状況などが集まってきています。

ですので、井戸を掘る前に「井戸を掘ることを検討している」という名目で下水道管理局に行き、担当の人に下水道使用申請や下水道料金のことを聞くついでに、自宅の周りで井戸が設置されているか聞いてみるといいでしょう。

細かなデータは個人情報保護の観点から教えてもらえませんが、ざっくりとどの地域に井戸が沢山あって、どのような使用用途で使われているかぐらいであれば教えてもらうことが出来ると思います。

この他に、近所の人や地域の井戸掘り業者に自宅周辺の井戸のことについて聞いてみるのもいいと思います。

運よく近所の人で井戸を使っている人がいる場合は、井戸の深さや水質などについても参考のために教えてもらいましょう。

特に井戸水利用で困ってしまうのがカナケ(金気、鉄イオン)で、せっかく自分で井戸を掘ったとして出てきた井戸水がそういった水質だと、家庭菜園の水やりや水槽にも使えませんし、水遊びで使うのも気が引けてしまいます。

この場合、気持ちよく井戸水を使うためには鉄分除去装置を取り付けたりする必要が出てきてしまいますので、事前に井戸水の水質などの情報も分かっていると井戸を掘るべきかどうかの判断がしやすいと思います。

井戸水のカナケに関しては、いくつか参考になるサイトがありましたので、そういったサイトも参考にしておくことをおすすめします。

>>掘った井戸はカナケ水|多次元への回帰物語

>>『カナケとの戦い』|私の井戸掘り体験記

>>井戸の復活|60才からがおもしろい

もし近所にそういった情報源がない場合は、防災井戸マップ(市区町村ごとに作成している)などを調べてみると、住んでいる場所が井戸水活用の盛んな地域かどうか判断する目安になると思います。

具体的な調べ方としては、「〇〇市 防災井戸」などとWEB検索するか、以下のページからお住いの地域の防災井戸マップを調べることができます。

>>災害時協力井戸リンク集 – 国土交通省 国土技術政策総合研究所

事前に井戸掘りに関する届出や許認可について調べる

ここまでの話で、自宅で井戸水が出るかどうかということについてはある程度分かってくると思います。

それに加えてもう一つ、井戸水を汲み上げることに対して届出や許認可が必要であるかどうかということについても事前に調べておいたほうがいいでしょう。

家庭での井戸掘りに関する許可申請は大きく分けて以下の4つの種類があります。

  1. 井戸水を汲み上げることに関する許可申請(都市部に多い)
    →家庭用の場合、井戸ポンプ出力300W以下、吐出配管断面積6c㎡以下(配管内径27mm以下)の場合は不要になることが多い。
  2. 井戸水を下水道に流すことに関する許可申請(都市部に多い)
    →下水道を利用している地域で、井戸水を風呂や洗濯、トイレ、洗面などで使う場合は必要。田舎の浄化槽での下水処理地域は不要。
  3. 井戸水を引用することに関する許可申請
    →特別な許可申請は必要ないが、年に1度の水質検査が必要。
  4. 防災井戸として補助金を受け取るための申請
    →災害時の周辺住民への井戸水の利用許可などを条件に井戸の設置、修繕メンテナンス費用の一部を助成。

特に都市部の場合、ちょっとした家庭用の小型井戸ポンプを設置するという場合でも、1の届出や許可申請が必要になることがあります。

例えば、ヤフオクなどに売られている格安の浅井戸ポンプ(約15000円)の場合、吐出配管(25A、配管内径が25mm)の基準はクリアしているのですが、ポンプ出力が370Wと強力であるため、ポンプ出力300W以下であれば届出不要という基準をオーバーしてしまうことになります。

井戸掘りを始める前に、お住いの地域で井戸水を使う場合、どのようなルールの中で使用していく必要があるのかイメージしておくほうがいいと思います。

こういった井戸掘りに関する届出や許可申請の内容については、こちらの記事に詳しくまとめてありますので、ぜひ参考にしてみてください。

>>【井戸掘り】ポンプ設置や下水道排水に必要な申請許可まとめ

続いては、井戸の掘りに必要な道具についてお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました