井戸ポンプの故障か?急に井戸水が出なくなる4つの原因とその対処法

【原因その1】地下水位の変動

夏は出ていたのに、冬になったら水の出が悪くなり、水は出るが間欠的に空気が出てを繰り返すようになった。

そんな場合は、季節毎に変動する地下水位が原因かもしれません。

基本的に夏の方が地下水は上昇する事が多く、その状態ではうまく水を吸い上げることが出来ていたのですが、冬になり地下水位が下がると、夏と同じ量の地下水をポンプでくみ上げようとしても、そこにある地下水は少なくなっているため、地下水ではなく空気を吸い上げてしまいます。

そして、しばらく空気を吸い上げると井戸の中に地下水が染み出してきて、井戸ポンプが井戸水を汲み上げ始める。

これを繰り返している可能性があります。

基本的に井戸や井戸ポンプの故障ではありません。

対処方法としては、地下水量を確保するために井戸の径を大きくしたり、井戸をあと1~2m深く掘ったり、今よりも汲み上げ能力の小さなの井戸ポンプに交換する事で改善が可能です。

ただ、手間と費用がかかりますので、そのまま使い続けるかどうかは自分自身で判断してください。

【原因その2】井戸設備の異常

年中を通して安定して井戸水が出ていたのに、徐々に井戸水の出が悪くなってきた場合は、井戸設備の異常が考えられます。

例えば、井戸ポンプを設置してから2~3年経ってこの症状が出た場合、井戸の中に埋まっている給水管の先端にあるストレーナーの詰まりや、砂こし器のメッシュに砂などがつまっている可能性があります。

出典)コーヨー 砂取器 20mm 井戸 井戸用砂取り器 井戸用砂取器 ろ過 砂こし器 砂とり器 すなとり 浅井戸ポンプ 井戸ポンプ |楽天市場

その他にも、近所で工事が行われた後なども、その振動で井戸の中の砂が舞い上がり、ストレーナーや砂こし器が詰まることもあるようです。

この場合の対処方法としては、ストレーナーや砂こし器の砂を取り除けば、これまでの通り井戸水が出るようになります。

次のページでは、井戸水が出なくなる原因その3~4についてお話していきます。

スポンサーリンク

2ページ目(全3ページ中)
スポンサーリンク