井戸水の水質検査を受けるための具体的な方法とその費用

3.水質検査の項目と費用

それでは、気になる水質検査の費用と項目についてお話します。

飲用井戸水の水質検査の場合、井戸を新設した場合と井戸水の定期点検で2種類の水質検査に分かれます。

飲用井戸新設の検査項目(水質基準51項目、約5万円程度)

飲用井戸を新設した場合に良く行われる51種類の水質基準の検査項目です。

家庭用で自己飲用の場合に検査義務はありませんが、飲用する場合にはこの51項目の水質検査を実施することをおすすめします。

費用は約5万円程度で、納期は2週間程度が一般的です。

1一般細菌27総トリハロメタン
2大腸菌28トリクロロ酢酸
3カドミウム及びその化合物29ブロモジクロロメタン
4水銀及びその化合物30ブロモホルム
5セレン及びその化合物31ホルムアルデヒド
6鉛及びその化合物32亜鉛及びその化合物
7ヒ素及びその化合物33アルミニウム及びその化合物
8六価クロム化合物34鉄及びその化合物
9亜硝酸態窒素35銅及びその化合物
10シアン化物イオン及び塩化シアン36ナトリウム及びその化合物
11硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素37マンガン及びその化合物
12フッ素及びその化合物38塩化物イオン
13ホウ素及びその化合物39カルシウム、マグネシウム等(硬度)
14四塩化炭素40蒸発残留物
151,4-ジオキサン41陰イオン界面活性剤
16シス-1,2-ジクロロエチレン
及びトランス-1,2-ジクロロエチレン
42ジェオスミン
17ジクロロメタン432-メチルイソボルネオール
18テトラクロロエチレン44非イオン界面活性剤
19トリクロロエチレン45フェノール類
20ベンゼン46有機物(全有機炭素(TOC)の量)
21塩素酸47pH値
22クロロ酢酸48
23クロロホルム49臭気
24ジクロロ酢酸50色度
25ジブロモクロロメタン51濁度
26臭素酸 

飲用井戸の定期検査項目(11~24項目程度、約8000~25000円)

先程の51項目の水質検査のほかに、定期検査でよくつかわれている11~24項目の水質検査の項目があります。

飲用以外での使用(お風呂、洗濯など)の場合には、この11~13項目の水質検査(赤色)をやっておけば十分でしょう。

費用も8000円程度と手頃ですし、一週間程度で検査結果が手に入ります。

続いては、実際に水質検査を依頼して井戸水の水質データを入手する方法についてお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました