井戸水専用の浄水器を買う前に知っておきたい3つのこと

どうして井戸水に浄水器が必要なのか?

日本の上水道の給水人口は約97%になっていますが、残りの2~3%の人は水道水ではなく井戸水などを生活用水として活用しています。

問題は、井戸水の濁りや細菌、大腸菌、鉄やマンガン・硝酸態窒素など、身体にとって有害なものが井戸水の中に混ざっているケースが多々あり、組み上げた井戸水を安心して飲用水として活用する事ができていないということ。

そのことは、東京都健康安全研究センターが平成 20 年度に92箇所の井戸水の水質検査を実施した結果を見ればよくわかります。

平成 20 年度は 92 か所の井戸水について水道水質基準 30 項目の水質検査を行いました。

その結果、約 7 割が基準適合と判定されましたが、一つ以上の検査項目が水質基準値を超えた井戸は 27 か所(29.3%)ありました。

不適合の原因は主に細菌汚染によるもので、一般細菌及び大腸菌がそれぞれ 9及び 5 か所の井戸水から検出されました。

化学物質の汚染による不適合はテトラクロロエチレンとトリクロロエチレンによるものがそれぞれ 1か所でした。

さらに、平成 20 年度は金属類 11 項目の実態調査を行いました。

その結果、地質や配管の影響から井戸水に含まれることがあるヒ素、鉄(各1 か所)及びマンガン(7 か所)が基準値を超過していました。

東京での井戸水の水質検査の結果

出典 飲用井戸水の水質検査結果|東京都健康安全研究センター

この結果からわかるように「井戸水はきれい」というのは迷信のようなもので、きれいな井戸水が出るところもあれば、水質基準を上回る不純物を含んだ井戸水が出る井戸もあることを認識しておきましょう。

次のページでは、井戸水の浄水メカニズムについてお話していきます。

スポンサーリンク

2ページ目(全4ページ中)
スポンサーリンク