【メリットとデメリット】井戸ポンプの種類と選び方、DIY設置方法まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

井戸ポンプの種類

井戸ポンプは、設置する井戸の深さ(地面に掘られた穴の深さ)によって使用できる種類が大きく分かれます。

  • 井戸の深さが8~9m以下
    →浅井戸ポンプ(手押しポンプ、電動ポンプ)
  • 井戸の深さが10m以上
    →深井戸ポンプ(ジェット式電動ポンプ、水中式電動ポンプ)

浅井戸ポンプについて

井戸の深さが8~9m以下の場合、ポンプが吸込み配管内の空気を吸い上げて配管内を真空にしていくだけで井戸水を地面上にあるポンプ可動部まで吸い上げてくることが可能です。

浅井戸ポンプの特徴

それに対して、井戸の深さが10m以上になるとただ配管内を真空にしただけでは井戸水は水面から8~9mほどしか上がることができない(ポンプが空気を吸い上げる力と井戸水が下に下がろうとする力が釣り合う)ため、井戸水を汲み上げることはできなくなってしまいます。

この井戸水の吸い上げメカニズムは手動タイプ井戸ポンプ(ピストンポンプ)でも同様で、最初に呼び水を入れて手でポンプを何度も動かさないと井戸水が出てこないというのは、吸込み配管内の空気を抜いて真空にしていく作業となっています。

井戸水の吸い上げ量については、井戸水の推移や井戸の深さなど条件によって変動しますが10~40L/分ほどになります。

電動井戸ポンプには井戸の深さが10m以上でも井戸水を汲み上げることができるタイプ(深井戸ポンプ)がありますが、手動井戸ポンプは井戸の深さが8~9mまでが限度となります。

裏技としては、手動ポンプに特殊な吸い上げ延長配管をつければより深いところからも水を汲み上げることは可能ですが、その分レバーを動かす力も重たくなりますので、現実的にはあまりおすすめできません。

浅井戸ポンプを選ぶメリットは、深井戸ポンプより価格が安く、消費電力も小さく、吸込み側配管(井戸に突っ込む方)も1本しかなく施工も簡単という特徴があります。

特に手動の井戸ポンプの場合は電源が不要となるため、災害が発生して停電した場合でも普段と同じように井戸水を汲み上げることができるのがメリットといえます。

>>【断水停電対策】電動浅井戸ポンプを車載タイプのインバーターで動かす方法

浅井戸ポンプのデメリットは、井戸深さが10m以上の場合は井戸水を吸い上げられないこと、手動の場合は井戸水を汲み上げるために力が必要ということが挙げられます。

特に手動井戸ポンプの場合、子供たちが遊びで砂や石を井戸ポンプの中に入れてしまってその度に井戸ポンプを掃除しなければならなかったり、レバー部分で手を挟んでしまって怪我をするという事もあったりします。

防災井戸としての活用はほとんど想定しておらず、井戸水を普段から頻繁に使うような場合は電動タイプの朝井戸ポンプを選んだほうがいいと思います。

ちなみに、井戸ポンプは使っていくうちに井戸水を汲み上げる部分のパーツが削れたりしてヘタってくるため、井戸深さが7~9mもあると取り付けて何年か経過すると井戸水が出なくなるということもあったりします。

ですので、井戸の深さが6mを超えてくるような場合は、浅井戸ポンプではなく深井戸ポンプ(ジェット式)の方を選んでおくというのも一つの手です。

深井戸ポンプについて

井戸の深さが10m以上の場合、浅井戸ポンプでは水を吸い上げることができないため深井戸ポンプで井戸水を汲み上げる必要があります。

その深井戸ポンプはジェット式と水中ポンプ式の2種類に分かれます。

ジェット式井戸ポンプ

深井戸ポンプの動作原理 (ジェット式)

ジェット式の井戸ポンプは、圧力管から送られた高圧の水がノズル部から高速噴射され、それに巻き込まれる形で井戸の底にある水を引っ張り上げる(ベンチュリ効果)ことにより吸込管から水を汲み上げるという仕組みになっています。

ジェット式の場合、吸込管から汲み上げた井戸水はまた圧力管から送り出されて新たに吸い出された井戸水と一緒に吸込管から戻ってくるという循環を繰り返しながら井戸水を汲み上げています。

ジェット式井戸ポンプの井戸水の汲み上げ量は5~30L/分程度で、汲み上げ高さは一般的には8~20mが主流ですが、浅井戸にも対応するタイプ(6~8m以内)のものも存在しています。

ジェット式井戸ポンプのメリットは、幅広い井戸の深さに対応することができることとなっています。

逆に、ジェット式井戸ポンプのデメリットは、圧力管に送る高圧水を作り出すためのポンプの作動音が大きいこと、消費電力が大きいこと、井戸に挿入する配管が2本になるため井戸の内径が大きい必要があること、同じ消費電力であれば次に紹介する水中ポンプ式の方が効率良く井戸水を汲み上げることが出来るということなどが挙げられます。

水中ポンプ式井戸ポンプ

深井戸ポンプの動作原理 (水中ポンプ式)

水中ポンプ式の深井戸ポンプは井戸の中にポンプ駆動部を入れ、井戸の下部から井戸水を押し上げるという仕組みで動いています。

水中の中にポンプを設置するという構造であるため、300m以上深いところからも井戸水の吸い上げが可能で、井戸水の汲み上げ量についてもポンプの出力や能力(ポンプの種類)を変えることで数十リットルから数千リットルまで対応することができます。

  • 低揚程(低圧力)&大水量の場合
    →渦巻ポンプ(ボリュートポンプ)
  • 高揚程(高圧力)&少水量の場合
    →渦流ポンプ(カスケードポンプ)

設置できる井戸のパイプ径はφ100~400mmとなっているため、あまりにも井戸の内径が小さい場合には設置することはできません。

この水中ポンプ式深井戸ポンプのメリットは、深い井戸にも対応出来るということ、大水量にも対応できるということ、動作音が小さいということ等が挙げられます。

逆に、デメリットとしては、あまりにも内径の小さな井戸には設置できないということ、水中ポンプが砂を吸い込んだり、また水中ポンプが異常に加熱してしまわないように井戸の形状や深さを工夫しなければならないという点が挙げられます。

次のページでは、具体的な井戸ポンプの選び方についてお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました