中古で手に入れた浅井戸ポンプをDIYで設置する方法

浅井戸ポンプの設置

約5日後、待望の井戸ポンプが我が家にやってきましたので、井戸ポンプ設置に必要な部材を購入して、実際に設置していきました。

通常であれば、井戸ポンプの給水配管に塩ビパイプ(継ぎ手なしの一本物)を使うのですが、素人の私には6mの塩ビパイプを手に入れる方法が分かりませんでしたので、今回はこのような給水ホースを使うことにしました。

NCM_0197

ホースの先端には、ホームセンターで売っていたストレーナー兼逆支弁も取り付けて、実際に井戸の中に取り付けていきます。

給水ホースが井戸の底についた状態から約50cm引き上げ、そこで固定していきます。

ここで大切なポイントが有ります。

それは、「鞘管の入口から鞘管内に空気が入らないように完全に密閉する事」です。

私の場合、この段階でようやく井戸水が出ると思って、急いで鞘管にホースの先端を突っ込んで鞘管の入口を塞がないままポンプをONにすると、水がちょろっとしか出ず(全く必要とする水量が確保できるとは思えない状況・・・)、その後数日間は何が原因かを見つけ出すことができるまで相当困ってしまった経験があります。

というのも、掘り抜き井戸はポンプのホースを鞘管の中に突っ込んだ後に、その入口を完全に密閉し、ポンプを作動させた時に鞘管内が負圧になるような構造にしておかないとうまく水をくみ上げてくれないような仕組みだったからです。

%e4%ba%95%e6%88%b8%e3%83%9d%e3%83%b3%e3%83%97%e8%a8%ad%e7%bd%ae%e3%81%ae%e9%9a%9b%e3%81%af%e7%b5%a6%e6%b0%b4%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%81%ae%e5%91%a8%e3%82%8a%e3%82%92%e5%af%86%e9%96%89%e3%81%99

鞘管内が負圧になると、鞘管の先端部の水を含んだ層から水を吸い出す効果が生じますので、これによって、井戸からポンプで水をたくさんの量を連続して吸い出せるようになります。

白く見えているのはお風呂用のコーキング剤で、ホースと継ぎ手、継ぎ手と鞘管の隙間をしっかりと埋めています。

井戸に給水ホースを挿入

こうする事によって、井戸ポンプが井戸水をくみ上げた時に鞘管の中が負圧になり、密閉しない時より井戸の底から水が湧き出しやすくなります。

給水ホースを井戸ポンプに接続

先ほどの給水ホースを井戸ポンプに接続した後は、吐出側の配管を組み立て、蛇口を取り付けていきます。

井戸水が出ました

呼び水をして、井戸ポンプの電源を入れ、蛇口を開けてた状態で数分待っていると、ゴポゴポというような音がし始めて、井戸水が出てきました!

ただ、この段階ではまだ砂などが沢山出てきていますので、しばらくこのまま出しっぱなしにしておきます。

が・・・、しばらくすると水が出てこなくなったり、水が出たりということを繰り返すようになってしまいました。

もしかして、この場所はこれぐらいの水量も水を出すことが出来ない場所なのか・・・??

しばらく落ち込んだ後、気を取り直してポンプ周りを点検していると、先ほどの鞘管の継ぎ手と給水ホースの間から空気が鞘管の中に入っていっている場所を発見!

そこをしっかりと密閉して、井戸ポンプを再起動・・・

今度は長時間運転しても安定して井戸水をくみ上げることが出来るようになりました。

という感じで、鞘管の中に少しでも空気が入ってしまうような構造だと、連続して井戸水をくみ上げることができなくなりますので、その辺は注意しながら作業していきましょう。

次のページでは、井戸水の揚水量測定についてお話していきます。

スポンサーリンク

4ページ目(全5ページ中)
スポンサーリンク