全館冷房の電気代が月々たったの450円!?井戸水冷風扇の節約効果

一般的な冷風扇の原理とメリットデメリット

まずはじめに、ホームセンターなどで売られている一般的な冷風扇の原理についてお話していきます。

冷風扇(れいふうせん)とは、水が蒸発する際に気化熱を奪うことを利用した、主に家庭用の簡易な冷房装置のことをいいます。

出典)スポットクーラー 気化式冷風機 フォグジェッター|太田機工株式会社

まず、吸気用のファンが回転し、背面等から外気を吸い込みます。

水分を含んだ蒸発用のフィルター(スポンジや厚手の不織布等)のすき間を吸気された空気が通る際に水の蒸発が起こり、気化熱が奪われてフィルター部の温度が低下します。

その温度が低下したフィルター部分を風が通ることにより、結果的に放出される風の温度が低下します。

冷風扇のメリットは、消費電力や騒音が小さく、エアコンなどに比べて小型で軽量、かつ安価なものが製作できるという点。

逆に冷風扇のデメリットは、水の気化を伴うため室内の湿度が上昇し体感的にはかえって蒸し暑くなったり、定期的に水を交換、または補給しなければならなかったり、水が汚れたりフィルターにカビが生えるなど不衛生になりやすく、冷却能力が小さいためエアコンのように部屋全体を冷却することは不可能といった点にありました。

ネットで検索すると
必ずと言っていいほど「悪く」書かれています。

その多くは以下のようなものです。

・思ったよりも冷えない
・湿度が上がって気持ち悪い
・部屋がカビ臭くなった

実際使ってみれば分かるのですが、
これは事実です。

結論から言うと
あまり役に立ちません。

引用)冷風扇とは?評判は?効果は?メリットは?|役立つ.com

ただ、我が家ではデメリットの多い冷風扇と井戸水を組み合わせることによって、全館冷房として実用的なレベルにまで改良することができました。

次のページでは、自作した井戸水冷風扇の構造についてお話していきます。

スポンサーリンク

2ページ目(全5ページ中)
スポンサーリンク