【完全保存版】素人1人でも出来るDIY打ち抜き井戸掘りマニュアル

DIY打ち抜き井戸の掘り方

ここからは、DIYで打ち抜き井戸を掘る具体的な方法についてお話ししていきます。

【STEP1】井戸を掘る場所を決める

まずは、井戸を掘る場所を決めていきましょう。

井戸を掘る場所を決めるポイントは2つ。

  1. 井戸掘りの作業性
  2. 井戸ポンプや井戸の使用用途

1.井戸掘りの作業性(スペース)について

DIYで井戸掘りをする場合、井戸の周りが広く、障害物が少ない必要があります。

なぜなら、DIYで井戸を掘る場合、塩ビパイプを使った井戸掘り道具で井戸を掘って行くのですが、道具の長さが井戸の深さと同じぐらい担ってくるため、道具を井戸に入れたり出したりする時にある程度のスペースが必要になるからです。

こちらが実際の作業風景の動画です。

この時、約5mぐらいの井戸深さですが、塩ビパイプで使った井戸掘り道具も相当長くなっていて、 井戸掘り道具を出したり入れたりするスペースがある程度必要なことがわかると思います。

ですから、DIYで井戸掘りをする場合は、ある程度広いスペースを確保できる場所を選びましょう。

2.井戸ポンプの設置や使用用途に最適な場所

井戸水が出ました

井戸を掘った後、井戸のそばに井戸ポンプを設置します。

もし、井戸水を庭の散水や洗車など屋外だけで使う場合は、このような庭の隅っこに設置する事を考えればよいでしょう。

ただし、洗濯やお風呂にも井戸水を使う場合は、井戸水専用の配管を設置も考慮して、なるべく配管工事が楽な場所に井戸を掘るほうがよいでしょう。

次のページでは、自分で井戸掘する方法STEP2~3についてお話していきます。

スポンサーリンク

3ページ目(全6ページ中)
スポンサーリンク