【DIY井戸掘り】浅井戸ポンプを自分で設置する具体的な方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

具体的な浅井戸ポンプの設置方法について

ここからはいよいよ井戸ポンプの具体的な設置方法についてお話していきます。

ヤフオク落札から約5日後、待望の井戸ポンプが我が家にやってきましたので、井戸ポンプ設置に必要な部材を購入して、実際に井戸ポンプの設置に取りかかりました。

通常であれば、井戸ポンプの給水配管に塩ビパイプ(継ぎ手なしの一本物)を使うのですが、素人の私には6mの塩ビパイプを手に入れる方法が分かりませんでしたので、今回はこのような排水ホースを使うことにしました。

NCM_0197

ホースの先端には、ホームセンターで売っていたストレーナー兼逆支弁も取り付けて、実際に井戸の中に取り付けていきます。

給水ホースが井戸の底についた状態から約50cm引き上げ、ステンレスバンドなどで固定していきます。

ここで大切なポイントがあります。

それは「鞘管内を完全に密閉する」という事です。

というのも、私の場合この段階でようやく井戸水が出ると思って、急いで鞘管にホースの先端を突っ込んで鞘管の入口の隙間(サクションホースとインクリーザーの間の隙間)をきちんと塞がないままポンプをONにすると、水がちょろっとしか出ずないという状況で、その後数日間は何が原因かを見つけ出すことができるまで相当困ってしまった経験があります。

実は、掘り抜き井戸はポンプのホースを鞘管の中に突っ込んだ後に完全密閉し、ポンプを作動させた時に鞘管内が負圧になるような構造にしておかないとうまく水をくみ上げてくれないような仕組みになっています。

%e4%ba%95%e6%88%b8%e3%83%9d%e3%83%b3%e3%83%97%e8%a8%ad%e7%bd%ae%e3%81%ae%e9%9a%9b%e3%81%af%e7%b5%a6%e6%b0%b4%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%81%ae%e5%91%a8%e3%82%8a%e3%82%92%e5%af%86%e9%96%89%e3%81%99

井戸ポンプが稼働して井戸水が吸い上げられると鞘管内がどんどん負圧になり、その負圧の作用によって鞘管の先端部の水を含んだ層から水を吸い出すという効果が生じてきます。

この鞘管内の負圧作用を利用することで、井戸ポンプはたくさんの水を井戸の底から連続して吸い出せるようになります。

白く見えているのはお風呂用のコーキング剤で、ホースと継ぎ手、継ぎ手と鞘管の隙間をしっかりと埋めています。

井戸に給水ホースを挿入

あとは、吸込み側と吐出側の配管をそれぞれ接続していき、蛇口を取り付ければ完成です。

給水ホースを井戸ポンプに接続

井戸水が出ました

呼び水をして、井戸ポンプの電源を入れ、蛇口を開けてた状態で数分待っていると、ゴポゴポというような音がし始めて井戸水が出てきました。

ただ、この段階ではまだ砂などが沢山出てきていますので、しばらくこのまま出しっぱなしにしておきます。

この時点ではまだ井戸水は少し濁った感じでしたが、数日ほど使っていくとこのような感じで透明な井戸水になり、家庭菜園の水やりやプールなどに使っていけるようになりました。

井戸水のプールで泳ぐ

井戸水の揚水流量の測定

井戸ポンプを設置した日の最後に20Lのバケツを何秒で満たすことができるのかを測定してみました。

蛇口を全開にしたまま、水量が安定するまでしばらく流水した後、このようにバケツに水を溜めていきました。

井戸水の揚水量測定

結果は、96秒。

と言うことは、揚水量は約12L/minということになります。

ポンプの仕様は揚水量が25L/minなので、今の段階ではそれの半分ぐらいしか水が出ていない状態です。

色々と考えてみたのですが、おそらく井戸から湧き出てくる水の量が毎分12Lなので、ポンプの能力がそれ以上あったとしても水をくみ上げることが出来ないようです。

そればかりはどうしようもないため、今回の井戸ポンプ設置としてはここまでにしておきます。

井戸ポンプ保護のため砂こし器を追加

井戸ポンプを使い始めてしばらく経っても井戸水に細かな砂が混じってきてしまうため、砂の噛み込みなどで井戸ポンプを壊してしまわないように、井戸と井戸ポンプの間に砂こし器を取り付けました。

砂こし器を取り付けてから2周間ほど経過したところでどのくらいの砂が溜まったか確認してみたところ、たくさんの砂が砂こし器の中に溜まっていました。

井戸を掘った場所の地質によってはいつまでたっても井戸水に砂が混じってきてしまうということもありますので、そのような場合は砂古式を井戸と井戸ポンプの間に取り付けることをおすすめします。

>>【井戸ポンプ】砂こし器を自作する方法

最後に一言

今回は、中古で手に入れた浅井戸ポンプをDIYで設置する方法についてお話しました。

これからはしばらくの間、井戸から上がってくる砂を取り出すために井戸洗い(水を出し続ける)をして、それから水質検査をしていく予定です。

■井戸水の水質検査をした時の話はこちら
https://idohori.nagoya/idomizu-suishitukensa/

井戸ポンプの設置で大変だったのは、削除んホースや塩ビパイプの部材、蛇口などを揃えていくというところです。

慣れている人なら井戸ポンプの仕様書を読んで必要部材をササッと購入することができると思いますが、始めて水道配管を扱うという人の場合は、そういうわけには行かないと思います。

この場合は、井戸ポンプが到着してから現物合わせで必要な部材を少しづつ購入しながら完成させていくというスタンスがいいのではないかと思います。

この他に井戸ポンプの設置で学んだことは、鞘管(さやかん)の中をしっかりと完全密閉しておかないと、井戸水を連続して汲み上げ続けることができないということでした。

もし、井戸ポンプを設置しても断続的にしか井戸水を汲み上げることができないようなことがあったら、井戸がちゃんと密閉されているかどうか(井戸の中に外気が流れ込んでいくような亀裂や穴が開いていないか)確認してみるのがいいと思います。

ちなみに、これから井戸ポンプの購入を検討している人がいるのであれば、こちらの記事も参考になると思います。

>>【メリットとデメリット】井戸ポンプの種類と選び方、DIY設置方法まとめ

それでは!




タイトルとURLをコピーしました