【失敗する前に・・・】井戸水のメリットとデメリットまとめ

井戸水のメリットのまとめ

まずは、井戸水のメリットからお話していきます。

【井戸水のメリットその1】水道の20分の1の料金で使える

井戸水はポンプをくみ上げる電気代が必要なだけなので、水道のように高い料金を支払う必要がありません。

私の住んでいる三重県鈴鹿市の場合、2ヶ月間で80㎥の水道を使った場合・・・

鈴鹿市水道局料金計算

出典 水道料金等シミュレーション(消費税率:5%)

水道の場合は、ほとんどの地域で蛇口から出た水が全て下水道に流れ込む想定のもと、上水道の料金と共に下水道の料金も徴収される場合がほとんどです。

例えば、庭の散水や洗車、水遊びなどに使った水で下水道に流れない場合でも、このシミュレーションのように下水道の料金が発生しています。

でも、井戸水を使っていれば上水道の料金がかからないのはもちろんのこと、下水道に井戸水を流さなければ下水道の料金も発生しません。

一応、井戸水を80㎥をくみ上げるのに必要な電気代を計算してみると・・・

低価格で手に入れた浅井戸ポンプをDIY設置

出典)Yahoo!オークション

  • 型式;PG-203A
  • 定格消費電力;400W
  • 定格揚水量;25L/min
  • 必要電力量;21kWh/80㎥
  • 必要電気料金;469円/80㎥(22円/kWh)

水道の場合(22365円)と比較すると、約20分の1の電気代で済むことがわかります。

つまり、水道水の代わりに井戸水を使えば使うほど、水道料金の節約につながります。

私の家に井戸を設置する前と、設置した後の水道料金の推移はこちらにまとめてありますが、シャワーや水遊びを沢山する夏場なら水道料金は約半額、それ以外の時期であれば約30%の節約となっています。

5000円で買える大型のビニールプールで泳ぐ子ども

【井戸水のメリットその2】水温が年中一定

地下数メートル~数十メートル程度の地下水温は、年中ほぼ一定の水温と言われています。

でも、本当にそうななのと思って、実際に私の家の水道水と井戸水の温度を年間を通して測定してみると、本当に井戸水の温度が年間を通して一定であることが確認できました。

一般の水道水は地表近くを通って来るので、夏は暖かく、冬は冷たいのが普通ですが、井戸水は水温が一定なので、夏は冷たく、冬は暖かく感じます。

この夏は冷たく、冬は暖かい地中熱を家庭用のエアコンやエコキュートなどのヒートポンプシステムに活用する事で、電気代を大幅に削減する事が出来ます。

次のページでは、井戸水のメリット3~4についてお話していきます。

スポンサーリンク

2ページ目(全5ページ中)
スポンサーリンク